FC2ブログ
ライブプレゼンツ倶楽部「うらかた」のブログです。真剣に音楽と向き合っている人達を応援します。

プロフィール

urakatayooji

Author:urakatayooji
初めまして、ヨージと言います。
企画ライブ「音蔵人(おんくらうど)」を主催しています。
ミュージシャン達が真剣勝負できる「器」を創造していきます。

カレンダー

07 | 2018/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

最新記事

カテゴリ

最新コメント

月別アーカイブ

リンク

検索フォーム

QRコード

QR

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ]

スポンサー広告  |

オマルズ


時を重ねた者にしか表現できない音楽がある。

ヴィンテージミュージックを貴方に。

3月3日(土)開催「楽夢音Vol.6 お・と・な・の・時間」

「オマルズ」をご紹介致します。





僕が初めて聞いたのは、「オマルズ」と他のバンドとの混成ユニットでのロックバンドとしてでした。
60's~80'sのロックナンバーでボーカルも演奏もとにかく上手かったのを覚えています。
んが、一番印象に残ったのは・・・・・「カツミさんの網タイツ」「ライオ丸のようなオマルさんの雰囲気」(笑)
初めの頃は怖くて「オマル」さんに話しかけることが出来ず、視線が合ったときに目礼する程度しかできませんでした

本来はロックバンドがメインなんだそうですが、あるライブ会場でアコースティック構成での演奏を聴く機会に恵まれました。
それまで僕の中で「オマル」さんは歌わない人っていう印象がありました。
でもその時はオリジナルラブの「接吻」を歌われたんですが、あいにくと調子悪かったのか高音域になると声が出ず、見事に裏返ってしまい観客を爆笑の渦に巻き込んでました
思わず僕も爆笑←失礼な客ですいません m(_ _)m
以来もう一度「オマル」さんの「接吻」を聞きたいと願っているんですが・・・・・・



記憶が正しければ去年は4回位「カツミ」さんをライブで見ました。
見るたびにまるで別人のように雰囲気が変わっていていつもビックリしてしまいます。
でも、ロックバンドの構成であれ、アコースティックの構成であれ、まったく変わらない部分があります。
それは・・・・妖艶で魅惑的なカツミさんのハスキーボイス
実はカツミさんの前に出るとドギマギしてしまい、いまだに満足にお話できないんですよねぇ

「カツミ」さんと「オマル」さんを見ているといつも思います。
まさに「美女と野獣」だなぁって(笑)



ある時「オマル」さんが僕に言いました。
「ボーカルはバックを乗せる歌い方をしなくちゃダメだ!」と・・・

僕は思います。
「オマルズ」
はバックを乗せることの出来るボーカルとボーカルを気分良く歌わせるバックとの相乗効果で観客を魅了するユニットだと・・・・


噂によるとメンバーに移動があったらしく、「楽夢音」には新生「オマルズ」で挑んで下さるそうです。


当日会場でお会いできるのを楽しみにお待ちしております m(_ _)m

ふらいや0303

会場「FUSHIKI Acoustic cafe 海岸通り」アクセス

より大きな地図で FUSHIKI Acoustic cafe 「海岸通り」 を表示


スポンサーサイト
[ 2012/02/18 12:59 ]

楽夢音  | コメント:(0)  | トラックバック:(0)  |
<< 「ろくたん」 | ホーム | ヴィンテージ >>

コメント:

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

トラックバック URL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | ホーム | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。